すみません、性癖が活字なもんで。

幼い頃は言葉の持つ意味や音程に異様な興味がありました。それが大人になるにつれて活字、特に漢字に対する異様な執着へと変わっていきました。このブログは活字に執着・興奮する女の頭の中をぶちまけたものです。

すみません、性癖が活字なもんで。

私は活字フェチです。

活字に始まり、言葉・言語にもフェチ的感情あります。

活字フェチが高じて、活字のフェチ作品の制作をしています。

私は欲張りなので、もっと率直に活字や言葉・言語に対するこの気持ちをぶちまける場所が欲しい。

そう思い、このブログを始める事にしました。

 

 

 

 

 

タイトルの、

『すみません、性癖が活字なもんで。』

は、私の日常でしばしば使うフレーズです。

会話の途中で、気になる活字に出会うとついついそっちに

意識を持っていかれてしまうのです。

活字に喰いついてしまい話を中断してしまう事も…。

そんな時、このフレーズが出ます。

 

 

 

 

私の頭の中では、

耳から入った音は脳みそで文字になり、咀嚼されます。

そして、理解するのです。

理解の時点で映像になります。

 

外国語もだいたいそうです。

英語は日本語と同じプロセスです。

耳から入った音は脳みそで英字体になり、咀嚼されます。

中国語も同じです。

耳から入った音は脳みそで漢字になり、咀嚼されます。

だからかどうかはわかりませんが、中国語の発話は難儀です。

文は作れるのに、発音が難しい…。

 

これ以外の言語は、少し違ってきます。

なぜなら、文字がわからないからです。

文字をまだ覚えていない言語は、

耳から音が入った後、脳みそカタカナかひらがなになります。

そうして咀嚼、理解をします。

私の脳みそはそんな脳みそです。

 

 

 

 

街を歩いている時は、活字ばかりに目がいきます。

お風呂に入ってもトイレにいっても、

その空間にある活字を読んでしまいます。

寝る前に本を読んだら止まりません。

気づいたら朝です。

 

 

 

特に私は漢字が好きなようで、

漢字単体で持つ意味や読みの響き、

その漢字に対する自分勝手なイメージで遊ぶのが大好きです。

とんでもなく感情が昂ぶります。

特に好きな漢字は「結」と「折檻」と「想」です。

理由についてはまたの機会にじっくりねっとり書こうと思います。

 

 

漢字の中でも、

日本語の漢字と中国語圏の繁字体が好みです。

ですので、台湾や香港など繁字体国に行った時は

わたしにとってのディズニーランドです。

常に交感神経がバチバチです。

 

 

 

 

 

また、

文になるとストーリーや書き手の単語選択の癖が楽しめます。

「この言い回しなんかゾクゾクするな。」

とか

「この文の流れ気持ちいいな。」

とか

物語とは別の部分でも楽しめます。

 

 

 

 

この記事を読んでいて、もうお気づきかと思いますが、

私は決して頭がいいわけではありません。

ですので、私にとって難しい言葉や言い回しがたくさんあります。

それを時には調べ、時には勝手に妄想し楽しみます。

文章の書き方に明るいわけでもないので、

このブログは感情のまま、書きなぐりなものになるでしょう。

 

 

そんな私の活字と言葉の脳みそをここにぶちまけられる事、

とても嬉しい気持ちです。

まさにオナニーのようなブログですが、

おもしろい奴もいるもんだなと、読んでいただけたら幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。